活動予定

◆第6回山ガール&山おとこサミット
早くも第6回となる山ガール&山おとこサミット開催決定!
今回も、いつもの香里園の韓国バルは、ソウキッチン8にて開催です。
サミットと言っても、ビール片手に、スンドゥブ食べながら山や温泉、旅行の話をしようという交流会ですので、登山初心者の方も大歓迎です!
お気軽にご参加ください!

日時:2018年9月20日(木)19:00スタート!
場所:ソウルキッチン8(香里園駅より徒歩5分/大阪府寝屋川市香里南之町36-10)
参加費:サミットへの参加費は必要ありません。飲食分は、各自お支払いください。
9/20現在:参加予定10名(定員15名)


◆秋の修験道参拝登山・三徳山三佛寺
9月に入ってなかなか週末に、晴れる日が少ないですね~
そんな時は、修行だ!と言うことで、鳥取県は三徳山三佛寺の投入堂まで歩いてみましょう!
岩場、クサリ場を乗り越えて、文殊堂からは一気に展望が広がります!
1時間ほどの行程で、まさに投げ入れて造るしかできないような、投入堂へと到着です。これは、一見の価値あり!
しかし、これを見るにはこの修験道を歩くしかありません!
無事に修験道の道を下り終えれば、三朝温泉で汗を流して大阪へと戻りましょう!
日程:2018年9月23日(日)
目的地:鳥取県・三徳山三佛寺
行程:参拝登山口=クサリ坂=文殊堂=地蔵堂=納経堂=投入堂=文殊堂=参拝登山口(約2時間)=温泉立ち寄り=千里丘(19時頃解散予定)
集合場所:JR千里丘駅(JR京都線・大阪駅より普通で15分)
予算:10,000円~11,000円(集合場所からの交通費、入山料、入浴費等含む)


◆秋のハイキング・御在所岳
9月も後半になってくると、日中は暑い日が続くも、陽射しも和らいできて、涼しい風も吹き始めます。
そろそろ関西圏の日帰りハイキングにも良い頃となってきますので、まずは鈴鹿セブンマウンテンの一つ、御在所岳を目指します!
登りは、中道登山口を辿ります。負ばれ石や地蔵岩と言った奇岩のある岩場が続く、変化に富んだ飽きないコースです!
朝陽台を経て、御在所岳山頂からは、鈴鹿の山々の雄大な展望が広がります♪
下山は、花崗岩の一ノ谷新道を下ります。
下山後は、湯の山温泉で汗を流して、帰路へとつきましょう♪
日程:2018年9月29日(土)
目的地:三重県・御在所岳
行程:御在所山の家=中道=負ばれ石=地蔵石=朝陽台=御在所岳=一ノ谷新道=御在所山の家(歩行約4時間半)=温泉立ち寄り=千里丘(19時頃解散予定)
集合場所:JR千里丘駅(JR京都線・大阪駅より普通で15分)
予算:6,000円~7,000円(集合場所からの交通費、入浴費等含む)
9/20現在:参加予定3名(定員6名)


◆秋山登山・バンガロー泊で行く!紅葉の北アルプス西穂高岳&福地山 
紅葉の北アルプス、西穂高岳へはバンガロー泊で、行ってみましょう!
新穂高ロープウェイにて、標高2156mの西穂高口より登山スタートです!
樹林帯の中を歩くこと1時間チョイで、西穂山荘に到着です!
いよいよココからが本格的な登山道となってきますが、一気に展望が開け、テンションも上がる稜線歩きとなってきます。
西穂山荘から1時間半ほどで、西穂独標に到着です。西穂独標の直前から岩稜帯となって最後は、よじ登る感じです!初心者の方は、この西穂独標まで!ここから先は、経験者向けのコースとなります。
西穂独標から先へは、いったん下って岩場のコースが続きます!
ピラミッドピークからさらに、いくつかのピークを超えて、ようやく標高2909mの西穂高岳登頂となります!
さらに、目の前には間ノ岳からジャンダルムを超えて奥穂高岳へと続くルートですが、ここから先はエキスパートコースとなりますので、今回はここまで!
しかしながら、360度の大展望が広がり、歩いてきた西穂独標にピラミッドピークまでもが、はるか下の方に感じられます♪
下りのロープウェイの最終も気にしつつ、来た道を戻ります。
ロープウェイで新穂高温泉まで下ったあとは、新穂高温泉で温まりましょう♪
本日の宿泊は、平湯キャンプ場でのバンガロー泊となります!
夕食は、『お食事処あんき屋』で、飛騨牛をいただきながらの宴会でしょうかね~♪
2日目は、福地温泉の登山口から福地山を目指します!
登山口からは、紅葉を楽しみながら2時間程度で福地山登頂となりますが、山頂からは槍穂高連峰から乗鞍岳、焼岳・・・と北アルプスの大展望が広がります!
下山後は、福地温泉で汗を流して、大阪へと戻りましょう!
日程:2018年10月5日(金)22時頃集合~7日(日)
目的地:岐阜県~長野県・西穂高岳~福地山
行程:1日目 新穂高ロープウェイ=西穂高口=西穂山荘=丸山=西穂独標=ピラミッドピーク=西穂高岳=西穂独標=西穂山荘=西穂高口(歩行約7時間半)=新穂高ロープウェイ=新穂高温泉立ち寄り=平湯キャンプ場(バンガロー泊)
2日目 平湯キャンプ場=福知山登山口=無然平=第三展望台=福地山=福地山登山口(歩行約4時間)=福地温泉立ち寄り=千里丘(19時頃解散予定)
集合場所:JR千里丘駅(JR京都線・大阪駅より普通で15分)、大阪モノレール・宇野辺駅ピックアップ可
予算:19,000円~22,000円(集合場所からの交通費、バンガロー1泊、入浴費等含む)
9/20現在:参加予定3名(定員6名)


◆秋山登山・テント泊で行く!黄葉の北八ヶ岳
秋のテント泊山行は、黄葉の北八ヶ岳を歩きます!
桜平登山口より夏沢鉱泉から夏沢峠を経て、目指すキャンプ地は、日本最高所の野天風呂本沢温泉です♪
キャンプ地でテント設営を終えたあとは、北八ヶ岳一番の展望を誇る東天狗岳から西天狗岳まで目指します。
本沢温泉では、黄葉の中の野天風呂にぜひ入ってみましょう!
宴会キャンプの翌日は、夏沢峠から硫黄岳を目指します。
樹林帯の広がる北八ヶ岳とアルペン的な南八ヶ岳の趣の異なる展望が楽しめることでしょう!
テント場までの歩行時間も短く、展望も温泉も楽しめる、初心者の方にもお勧めのコースです♪
日程:2018年10月19日(金)22時頃集合~21日(日)
目的地:長野県・北八ヶ岳(天狗岳~本沢温泉~硫黄岳)
行程:1日目 桜平=夏沢鉱泉=オーレン小屋=夏沢峠=本沢温泉(歩行約2時間半/テント設営)=白砂新道=東天狗=西天狗=白砂新道=本沢温泉(歩行約3時間半/テント泊)
2日目 本沢温泉=夏沢峠=硫黄岳=夏沢鉱泉=桜平(歩行約4時間)=温泉立ち寄り=千里丘(19時頃解散予定)
集合場所:JR千里丘駅(JR京都線・大阪駅より普通で15分)、大阪モノレール・宇野辺駅ピックアップ可
予算:19,000円~22,000円(集合場所からの交通費、テント1泊、入浴費等含む)

9/20現在:参加予定4名(定員6名)


◆秋のアウトドアクッキング
秋も深まる10月の終わり、久々に秋の一日をゆっくりと楽しむ、アウトドアクッキング企画です♪
今回は、兵庫県は妙見の森バーベキューテラスにて、ビール片手にアウトドアクッキングをゆるゆると楽しみましょう!
アウトドアクッキング企画ですので、肉を焼くバーベキューだけでは終わるはずがない?
秋の味覚を楽しむバラエティー豊かなメニューとするためにも、一人一品の食材もお持ちください♪
日程:2018年10月27日(土)
目的地:兵庫県・妙見の森
行程:妙見の森ケーブル黒川駅=(妙見の森ケーブル)=ケーブル山上駅=妙見の森バーベキューテラスにてアウトドアクッキング=ケーブル山上駅=(妙見森ケーブル)=黒川駅にて解散(17時半頃解散予定)
集合場所:妙見の森ケーブル黒川駅(能勢電鉄妙見口駅より徒歩20分、または阪急バスにて約3分)
予算:5,000円~6,000円+食材一品(集合場所からの交通費、入場料等含む)


◆秋の済州島弾丸企画!紅葉の漢拏山(ハルラ山)登山 
6月半ばに、済州島へと行ってきました!
もちろん、目的は韓国最高峰のハルラ山に登ることだったのですが、フライトの時間の関係で、登山時間を多く取れません。そのため、最短コースで歩いてきました。
標高1700m地点までしか行けないコースでしたが、樹林帯を抜けると展望が広がり、歩く先にハルラ山頂上部が見えてきます!
登山道は整備されており、なかなか気持ちの良いところでしたので、秋の紅葉の頃にも、ぜひ行ってみようと今回の企画です!
ハルラ山は最高地点の1950mまでは立ち入り出来ず、現在は、東稜頂上の標高1920mが登れる最高地点です。
と言うことで、今回はこの東稜頂上を目指すルートで、歩いてみます。
ハルラ山東側の登山口より東稜を経て、北側へと下る縦走コースで、歩行約8時間の行程です。
2日目の早朝よりスタートして、15時までには、下山したいところ!下山後は、サウナに立ち寄り汗を流して、空港へ向かう感じで、ギリギリでしょうかね~
まあ、いつものことですから何とかなるでしょう!
1日目の済州島到着日は、ゆっくり観光でもしながら、アワビ粥等の海鮮料理、黒豚焼肉のグルメも楽しんでおきましょう!
日程:2018年10月28日(日)~29日(月)
目的地:韓国済州島・漢拏山(ハルラ山)
行程:1日目 関西空港=(飛行機)=チェジュ空港=東門市場=牛島=新済州(ホテル泊)
2日目 ハルラ山登山=城板岳休憩所=ソク畑=沙羅岳=つつじ畑=白鹿譚=ヨンジンガッ=ケミモッ=耽羅渓谷=観音寺案内所(歩行約8時間)=チェジュ空港=(飛行機)=関西空港(21時頃解散予定)
集合場所:関西空港(午前7時頃集合)
予算:42,000円~45,000円(航空運賃(関西=済州島)、宿泊費1泊等含む)
9/20現在:参加予定2名(定員6名)


◆今行くハワイ!マウナケア&ホノルルの旅
いつかは住みたいハワイへ!(それは、私だけ?)
いつかは行こう!ハネムーンで行こう!と思っていた方もそのチャンスは、まだ訪れないのではないでしょうか?
今も昔も、ハネムーンの候補地として1,2位を争うハワイへは、今更行く機会はあまりありません!
そこで、あえて今、PAOで行くハワイ企画です!
もちろんPAOの企画ですので、ナンパなホノルル観光では終わりません!
まずは、ビッグアイランド・ハワイ島を訪れ、富士山よりも高いハワイ島最高峰マウナケアからの夕陽と星空ツアーへ!
もちろんダウンタウン散策にカメハメハ大王像も見逃せません!
3日目はオアフ島に戻って、ダイヤモンドヘッドへのハイキングに、ワイキキビーチでのサーフィン、ハナウマ湾でのシュノーケリング、ホノルルぶらぶらでも、オアフ島で時間の許す限り自由自在に楽しんでみましょう♪
これぞPAOでのハワイ企画!今行っとかねば、次のチャンスはいつあるかわかりません!
3年越しとなったこの企画、そろそろ実現させますよ!
もう、こうなったら自分一人でも行く気になっております♪

ハワイ島に行くならば、ぜひともキラウエアには行きたいところですが、現時点ではキラウエアのツアーが再開されておりません。
もちろん再開されるようであれば、キラウエアツアーにも参加するように致します。また、現地ではレンタカーでの行動予定ですので、近寄れるところまでは行ってみましょう!
▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼
日程:2018年11月14日(水)~18日(日)
目的地:アメリカ・ハワイ島&オアフ島
行程:1日目 関西=(飛行機)=ホノルル=ハワイ島
2日目 午後よりマウナケア山頂&星空ツアー=ハワイ島泊
3日目 ハワイ島よりオアフ島ホノルルへ移動=ホノルル泊
4日目 ホノルル=(飛行機)=
5日目 関西(15時頃解散予定)
集合場所:関西空港(18時30分頃)
予算:199,800円(往復航空運賃(関西=ホノルル=ハワイ島)、燃油サーチャージ、関西空港施設使用料、諸税、宿泊費(3泊)、現地ツアー費(マウナケア山頂&星空ツアー)等含む)
※飲食費、現地移動交通費、観光施設入場料等は含みません。
【最少催行人数4名:出発2ヶ月前までに最少催行人数に満たない場合は、企画変更となる場合がございます。】
9/20現在:参加予定3名(定員6名)


◆アメリカ・グランドサークルキャンピングカーツアー
二度とないと思われたグランドサークルキャンピングカー企画ですが、あまりも良かったので、早くも第2弾の企画を検討中です!
コースはこれから検討致しますが、前回のプランを基にアレンジを加えていきます!
アメリカは、グランドサークルをキャンピングカーを利用して、モニュメントバレー、グランドキャニオン、ザイオン等のこれぞアメリカ!と言うところ巡ります。
キャンピングカーで、RVパーク(キャンピングカー専用の滞在施設)に立ち寄り、自炊しながら移動して行くと言う、
一人ではなかなか体験できないプランです。
 
日程:2028年9月16日(土)~24日(日)の9日間で検討中
目的地:アメリカ・グランドサークル(ユタ州~アリゾナ州)
行程:1日目 関西=(各地経由)=ラスベガス=(キャンピングカー)=
大型スーパーマーケットで食料品・消耗品等の買出しの後、RVパークで宿泊
2日目 ラスベガス=キングマン=ビーチスプリングス=セリグマン=フラッグスタッフ=セドナ
ルート66を走りながら各スポットを廻りセドナへ(約470km/6~7時間)
3日目 セドナ=グランドキャニオン
午前中、トレッキング、パワースポットめぐり等で過ごします。
午後より、グランドキャニオンへ移動(約170km/約2時間半)
グランドキャニオン国立公園(サウスリム)着後、RVパークにチェックイン
夕刻、ヤバパイポイントから渓谷が赤く染まる夕景を鑑賞
4日目 グランドキャニオン=モニュメントバレー
マーサポイントからの日の出を鑑賞
午前中 トレッキング
午後よりモニュメントバレーへ(約290km/3時間30分)
5日目 モニュメントバレー=アンテロープ=ホースシューベント=レイクパウウェル
モニュメントバレーで雄大な自然を満喫した後、アンテロープキャニオンへ
アンテロープキャニオン・ホースシューベントで神秘的な自然を満喫
その後、レイクパウエルへ移動(約210km/3時間)
6日目 レイクパウエル=ブライスキャニオン
岩の尖塔郡が光によって表情を変えるのが絶景のプライスキャニオンへ (約230km、3時間)
7日目 ブライスキャニオン=ザイオン
岩と芸術の宝庫、ザイオンへ (約130km、2時間)
8日目 ザイオン=ラスベガス
ザイオンより、ラスベガスにてキャンピングカーの旅もフィナーレを迎えます♪ (約280km、3時間30分)
キャンピングカーを返却後、ラスベガスはストリップ地区のホテルへ移動
アメリカ最後の夜は眠らない街ラスベガスにて!
9日目 ラスベガス=(各地経由)=関西空港着
行程は予定のため、進捗状況等により変更になる場合がございます。
予算:40万円~50万円【5名参加の場合】(往復国際航空運賃(大阪=ラスベガス)、燃油サーチャージ、関西空港施設使用料、諸税、
キャンピングカーレンタル費用、RVパーク宿泊費、現地移動費用等含む)
※飲食費、公園入園料、現地オプショナルツアー費等は含みません。
超長期の計画のため、日程・予算等は変更になる場合がございます。期日までに参加者が集まるようであれば、日程を前倒しで企画致します。